イメージ画像
2×20cm 3ウェイ センタースピーカーシステム
C205
標準価格 ¥132,000(税抜)/1本

13cmウーファー×2、2.5cmツイーターを採用。
専用スタンドも利用可能な2ウェイ・センタースピーカーシステム。

ULTIMA2シリーズで培ったスピーカーユニット・テクノロジー、エンクロージャー製作技術などを活かし、旧シリーズから飛躍的にパフォーマンスが向上しました。

特長

全てのスピーカーユニットをリニューアル

全モデルの高域ユニットには、ピュアベリリューム・ドームツイーターを搭載しています。

  • 25mm径ドーム型ツィーターをはじめ、130mm径のミッドレンジユニットが新設計。
  • 全ユニットの振動板素材にアルミニウムを採用。軽量&高剛性なコーンがフラットレスポンスを実現。同素材を用いることで各ユニットの音質が整い、全帯域に渡り歪み感のないクリアなサウンドを再生します。

ハイグロス仕上げの美しいキャビネット

ミッドバスおよびウーファー・ユニットには、ミッドレンジユニットと共通仕様のピュアチタン・インバーテッド・ドーム・ダイアフラムとインバーテッド・デュアル・ネオジューム磁気回路を用いながら、さらに大振幅特性を改善したユニットが採用されています。

  • 各色ともオートモーティブ・ポリッシャー・フィニッシュ・クオリティーのハイグロス仕上げ。ウォールナット色のキャビネットでは、ウォールナット天然木の突き板を使用しています。
  • ULTIMA2と同様の特殊プレス加工成型によるカーブドキャビネットを採用。平行面を最小化することで内部定在波の発生を防ぎ、カラーレーションを排除します。キャビネット内に適切なブレーシングを施す事により剛性も向上。ハイクオリティーなスピーカーユニットの振幅をしっかりと受止めます。
  • マグネット・キャッチ方式を採用したフローティングタイプのグリルを採用。定在波の回析抑制効果を妨げません。

新設計『ツィーター・ウェーブガイド』採用

上位モデルのULTIMA2シリーズでも採用され、高い音響調整効果を誇るウェーブガイドが進化しました。
コンピューター解析による形状設計は、ツィーターの音波特性を整え水平&垂直方向の指向性を的確にコントロール。ミッドレンジユニットとの繋がりが更にスムーズになりました。


ネットワークボード

システム設計

  • ネットワーク素子にはポリプロピレン・コンデンサーや空芯コイルなど厳選された高品位パーツを使用。各帯域毎に独立したネットワークボードを用いる事により回路間の相互干渉を防ぎ、分解能を更に高めています。
  • ポートの入口と出口にフレアを持たせた双曲線型テーパードバスレフポートを採用。ポート形状に起因するパワーコンプレッションを防ぎ、低域レスポンスを最適化しています。
  • バスレフポートに挿入することにより、低域のレスポンスをコントロールする事が可能なポートプラグが付属しています。
  • スピーカー本体の高さや仰角調整が可能なスパイクフット付属。先端の鋭角を選べる2WAY タイプです。

キャビネットのカラーバリエーションをご用意。

仕様

形式 2ウェイ・センタースピーカー
使用ユニット ウーファー:130mm アルミニウム×2
ツイーター:25mm アルミニウム・ドーム
出力音圧レベル(2.83V/1m) 89dB
インピーダンス
周波数特性(-6dB) 60Hz~40kHz
クロスオーバー周波数 1.7kHz
推奨アンプ出力(8Ω) 50W~120W
外形寸法(W×H×D) 533×201×292
本体重量 11.9Kg
カラーバリエーション ウォールナット/ピアノブラック/ピアノホワイト

※仕様および外観は、改良のため予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。